ペット葬祭関連情報発信サイト 「ペット供養ナビ」                    ペット葬祭業・ペット霊園全国の情報
ペットが旅立ったら  ペットロスとは?  虹の橋という詩
【ペット火葬業者・霊園検索】        【キーワード検索】

WEB を検索 サイト内を検索

HOME > 虹の橋

◇虹の橋(原作者不明)
 天国の、ほんの少し手前に「虹の橋」と呼ばれるところがあります。
 この地上にいる誰かと愛し合っていた動物は、
 死ぬとそこへ行きます。

 そこには草地や丘があり、彼らはみんなで走り回って遊びます。
 食べ物も水もたっぷりあって、お陽さまはふりそそぎ
 みんな暖かくて幸せです。
 病気だった子も年老いていた子も、
 みんな元気を取り戻し
 元のからだを取り戻します。
 …まるで過ぎた日の夢のように。

 みんな幸せで満ち足りているけれど、
 ひとつだけ不満があります。
 それは自分にとって特別な誰か…
 のこしてきてしまった誰かが…
 ここにいない寂しさのこと…。
 動物たちは、みんな一緒に走り回って遊んでいます。

 でも、ある日…
 その中の1匹が突然立ち止まり、遠くを見つめます。
 その瞳はきらきら輝き、
 からだは喜びに震えはじめます。
 突然その子はみんなから離れ、緑の草の上を走りはじめます。
 早く、それは早く、
 飛ぶように。

 あなたを見つけたのです。

 あなたとあなたの友は、再会の喜びに固く抱き合います。
 そしてもう二度と離れたりはしないのです。
 幸福のキスがあなたの顔に降りそそぎ、
 あなたの両手は愛する友を優しく愛撫します。

 そしてあなたは信頼あふれる友の瞳をもう一度のぞき込むのです。
 あなたの人生から長い間失われていたけれど
 その心からは一日も消えた事のなかったその瞳を。

 それからあなたたちは、
 一緒に「虹の橋」を渡っていくのです…。

   

@私の一生は大体10年から15年。あなたと離れるのが一番つらいことです。どうか、私と暮らす前にそのことを覚えておいて欲しい。

Aあなたが私に何を求めているのか、私がそれを理解するまで待っていて欲しい。

B私を信頼して欲しい、それが私の幸せだから。

C私を長い間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないで欲しい。あなたには他にやることがあって、楽しみがあって、友達もいるかもしれない。でも、私にはあなたしかいないから。

D話しかけて欲しい。言葉は分からなくても、あなたの声は届いているから。

Eあなたがどんな風に接したか、私はそれを全て覚えていることを知って欲しい。

F私を殴ったり、いじめたりする前に覚えていて欲しい。私は鋭い歯であなたを傷つける事が出来るにも関らず、あなたを傷つけないと決めている事を。

G私が言うことを聞かないだとか、頑固だとか、怠けているからといって叱る前に、私が何かで苦しんでいないか考えて欲しい。もしかしたら、食事に問題があるかもしれないし、長い間日に照らされているかもしれない。それか、もう体が老いて、弱ってきているのかもしれないと。

H私が歳をとっても、私の世話をして欲しい。あなたも同じように歳をとるのだから。

I最後のその時まで一緒にいて欲しい。言わないで欲しい、「もう見ちゃいられない。」、「私ここにいたくない」などと。あなたが隣にいてくれることが私を幸せをするのだから。忘れないで下さい、私はあなたを愛しています。

       

リンク | プライバシーポリシー | サイト運営者 | お問合せ
copyright (c)2013 pet594net all rights reserved.